彫刻家神林學氏主宰のクロッキー展は、14回を迎えました。
当ギャラリーで月1~2回開かれるクロッキー会は、
画家、彫刻家、音楽家から小学生まで参加しています。
クロッキーは、クイックドローイング(速写)と呼ばれ
モデルに1分2分3分長くて10分の限られた時間の中で描きます。
本来、彫刻家や画家の作品制作の為のトレーニング(習作)、とされています。
デッサンを筋肉トレーニングと例えるならば、クロッキーは
体幹トレーニングに近く、対象や本質に迫る力や空間を
瞬時の内に捉える能力を鍛えるものと感じます。
故に、クロッキーやデッサンに名作が多い事も納得でき、
クロッキーアートと呼びたくなります。
個性豊かな30余名のクロッキーアートが、ミラボオに弾けます。



54回近代美術協会展<えすぱす ミラボオ>賞
寺田敏行さんに決定 


東京都立美術館で開催された「第54回近代美術協会展」で、
<えすぱす ミラボオ>賞に寺田敏行さんの作品MACHI 17-17』が選ばれました。
賞として2018年9月1日~10日に<えすぱす ミラボオ>で「寺田敏行展」が開かれます。


[メゾン・マミ]
<えすぱす ミラボオ> の姉妹館 
<メゾン・マミ(静岡県長泉町)> では、
『石原実 ――星楡――』を開催中です。
1217日までの土曜・日曜 12:00~17:00

表題作の「星楡」などの大型作品をはじめ、
注目のマーブリング技法による
話題作を多数展示しています。ぜひご覧ください。


<メゾン・マミ>
・静岡県駿東郡長泉町東野515-84 JR三島駅から車で20分
   ・問合せ <えすぱす ミラボオ>   03-6228-1884   
          <メゾン・マミ>        055-955-8770  


ギャラリーから


 <メゾン・マミ>は、<えすぱす ミラボオ>(東京・神楽坂)のオーナー山崎真実子が自宅の一部を開放して、敬愛する5人のアーチスト――後藤愛彦(洋画)・生井巖(日本画)・神林學(彫刻)・石原実(染色)・大薗弘治(ミクストメディア)――の作品を中心に随時展示します。

石原 実 Minoru ISHIHARA


 1951年、東京生まれ。
1972年、東京クラフトデザイン研究所染色工芸科卒業。
竹田耕人氏(東京手描友禅)に師事。
1979年、石原染色工房設立。
日本固有の染め文化の研究をとおして新たな可能性を探求し、幅広く創作活動を続ける。
伝統的な手描友禅をベースに、日本古来の墨流し、中世イスラム文化圏やヨーロッパ伝来のマーブリングの技法を駆使して布や紙、皮革に繊細な文様を描きだす。

豊かな感性が息づく多様な作品は国際的にも高く評価され、外国人のファンも多い。









アヴァンギャルド展
201819日(火)~18日(木
________________________________

第15回 ミラボオべらぼう寄席
2018年1月22日(月)
19時開演 2030分頃終演
木戸 2000円(1ドリンクつき)
出演 柳家一九
   初音家左吉
________________________________

神林 學・林 裕子 メゾン・マミに寄せて
2018129日(月)~2月4日(日
________________________________

食卓でアート展
20182月12日(月)~21日(水
________________________________

森 千香子展
201832日(金)~11日(日
________________________________

牧島弘充展
2018313日(火)~22日(木
________________________________

第16回 ミラボオべらぼう寄席
2018年3月23日(金)
19時開演 2030分頃終演
木戸 2000円(1ドリンクつき)
出演 柳家一九
   初音家左吉
________________________________